妊娠して歯医者でホワイトニングできなかった私が結婚式で綺麗な写真を撮るために人生で一番頑張った日

この物語は、結婚が決まった一人の女性が、結婚式で最高のウエディングドレスを着るために頑張った物語です。

30代
既婚
OL(当時)

だった彼女は、結婚式が決まり人生で最も華やかな日を最高の1日にするために1年前から準備を始めていました。

「きれいな笑顔でウエディングドレス姿を残したい」

そう思っていた彼女は、クリニックでホワイトニングを受ける予定でいましたが、何と妊娠が発覚してしまい自力で歯を白くしなければいけなくなってしまったのです。

 

結婚式は半年後・・・なのにホワイトニングが受けられない?!

 

私が歯を白くしたいと思った理由は、自分の結婚式がきっかけです。

一生に一度の自分の結婚式に笑顔の写真はきれいに取りたいと思いました。

最初はクリニックでホワイトニングをする予定だったのですが、妊娠が発覚してしまったため、クリニックのホワイトニングは出来ないことが分かりました。

なので、自宅で出来る簡単なホワイトニングを実践しました。コーヒーやワインをなくしたり、歯磨き粉を変えたり入念に磨いたりしました。

その時は、6月までに絶対歯を白くしなくてはの一心で行っていました。

 

歯が黄色い。鏡に映る自分が恥ずかしく見えた毎日

歯の黄ばみに気づいた時、恥ずかしかったことは、鏡に映った自分が汚く見えたことです。汚く見えたし、老けて見えました。

こんな姿で結婚式のウエディングドレスを切れないと思いました。また、自分の歯を見すぎて、虫歯が気になったり、常に鏡でチェックしていました。

辛かったことは、特にありませんが、ホワイトニングのクリニックに行けなかった為、自己流で白くしなくてはいけなかったことです。

6月に挙式だったため、その日まで何としても白くしたいと思っていました。

 

自力で歯を白くするためにやったこと

 

当時は、ホワイトニングの歯磨き粉を2種類買いました。

また、歯を白くするために何がいいか、何がダメかを調べました。

色々試しましたが、セルフホワイトニングで一番効果があったのは、

  • コーヒーやワインを飲むことをやめること
  • そしてホワイトニング専用の歯磨き粉で丁寧に歯を磨くこと

この2つです。

ちゅらトゥースの良い口コミは嘘で悪い口コミは本当?真実はどっちなのかプロに相談してみた ちゅらトゥースの良い口コミは嘘で悪い口コミは本当?真実はどっちなのかプロに相談してみた

 

最高の笑顔が残った結婚式。ホワイトニングを頑張ってよかったと思います。

私はよく笑うのですが、笑顔を自信をもってできるのが一番良かったと思います。黄ばんでいると歯が気になってしまうので。

また、結婚式の写真を撮るとき一番ホワイトニングをやっていてよかったと思いました。

やはり、一生に一度のイベントなので、きれいな笑顔を写真にも納めたいと思いました。

そこで黄ばんでいると全体的に汚く見えてしまうので。

歯が白くなって気持ちの面で変わったことは、自分自身に自信がついたことです。何でもやってみようという前向きな気持ちになりました。

特に人に会ってみようとか、外出を頻繁にしようとか表に出てみようという気持ちにさせてくれました。

心もリフレッシュされて前よりアクティブになれた気がします。外出が増えたことで、人とのコミュニケーションを頻繁に取りたいと思うようになりました。

 

歯が白くなって気をつけていること

心がけていることは、コーヒーやワインを控えるということです。やはり歯にはステインがつくものが一番いけません。

その根源を断ち切るのが一番だと思います。

現在授乳中なので、お酒もカフェインも取れないので歯にはいいことだなと思っています。しかし、コーヒーが元から好きなので授乳が終わっても、コーヒーは控えめに飲みたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA