矯正して黄色くなった歯をホワイト二ングしたら「歯も性格も明るくなった」私の物語

歯並びの悪さや歯の黄ばみがコンプレックスだった一人の女性が、勇気を出してホワイトニングして歯も人生も明るくなった物語です。

歯を矯正している人も、

矯正しようか迷っている人も、

ホワイトニングを受けようか迷っている人も参考になる

勇気の物語。

 

歯並びも歯の色も綺麗にしたいと思った日

私が歯のホワイトニングをしたきっかけは、歯科矯正をしていた際に通っていた歯科でホワイトニングの話を聞いたことでした。

実際、歯科矯正をしていたこともあり、当時の私の歯は、他の人に比べると少々黄ばんでしまっていました。

そのため、歯科矯正が終わってワイヤーが外れたら歯のホワイトニングをしたいと思いました。歯並びだけではなく、歯そのものを全て綺麗にしたいと強く思いました。

歯並びだけが綺麗であっても、黄ばんで汚れている歯では、人に与える第一印象がマイナスになってしまうと思いました。

歯の黄ばみによって、自分自身が不潔に思われてしまうのではないか、口臭などの原因になってしまうのではないかととても不安になりました。

また、歯が白くて美しい人とすれ違った際や、鏡や電車の窓などに不意に時にもった自分の口元を見たとき、「どうして自分の歯は汚いのだろうか。」と思うときがあり、人前で笑うことが苦手になりました。

そのため、よくマスクで口元を隠すようにもなりました。

写真を撮られる場面も辛く、撮った後の写真を見返しては「歯が白かったらもっと笑えるのにな。」と思いました。

 

ホワイトニングを受けるまでに調べて実践して見たこと

歯のホワイトニングをすることによるメリットとデメリット。
市販で販売されているホワイトニング効果のある歯磨き粉を購入。
ホワイトニングサロンでの歯のホワイトニング。

なんだかんだ、ホワイトニング効果が一番高かったのは、ホワイトニングサロンでの歯のホワイトニングですね。

 

歯が白くなったことで歯も性格も明るくなったと思います

第一印象が明るくなり、多少服装がラフでも清潔感のある雰囲気になったと思います。

何よりも、自分自身の笑顔に以前よりも自信がつき、人見知りだった私が人前でも笑顔を絶やすことなくハキハキと話せるようになったことだと思います。

歯のホワイトニングをしたことで、以前に比べて歯のケアに時間をかけるようになり、虫歯ができにくくなったような気がします。

歯のホワイトニングをしたことによって、コンプレックスだった自分の笑顔に自信が持てるようになり、以前はできなかった物事にも明るく挑戦できるようになりました。

家族や友人以外の第三者とも、明るく自分から話しかけることができるようになりました。

周囲の人たちからも、「昔とは比べものにならないくらいイメージが変わった、今は柔らかい印象になって話しかけやすい。」と言われました。

白い歯を保つために続けていること

食後の歯磨きを絶対に怠らないようにしています。

また、緑茶やカレー、チョコレートなどの歯に色が付きやすそうな食べ物は控えるようにしています。月一で必ずホワイトニングサロンでメンテナンスを受けるようにしています。

それ以外は、市販の歯のホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用し、一本一本の歯に長い時間をかけて丁寧に優しく磨くようにしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA