歯科衛生士なのに歯が汚れていた私がホワイトニングを受けて変わったこと

この物語は、一人の歯科衛生士さんが歯の矯正を終えてホワイトニングした物語です。

「歯科医院で働いているのに歯が汚い」

そんなコンプレックスを抱えていた彼女は、勇気を出して一歩踏み出すことにしました。

 

歯科衛生士なのに歯が汚い

元々、歯の黄ばみがずっと気になっていたし、やはり歯で人の印象は大分違うと思うからです。

笑った時の白い歯は、魅力的で素敵に見えるため、絶対に矯正が終わったら白くしようと決めていました!

患者さんの見本にもなりたかったという、気持ちが強かったですね。

患者さんに、指導する立場の歯科衛生士が、黄ばんだ汚い歯をしたら、嫌だし患者さんへの説得力もありません。

ホームホワイトニングしたら、私のように綺麗な歯が手に入りますよと、自信を持って言いたかったからです。

ステインや、汚れは歯科医院でクリーニングしてもらえれば、取れますが、私の黄ばみは取れない元々の歯の色だっていうのが、嫌でした。

もう、ホワイトニングしかないと思いました。汚い歯の歯科衛生士は、嫌ですしね。

歯科衛生士として、自信がありませんでした。

診察が終わると、必ずマスクを外して患者さんに挨拶をしますが、マスクを外すのが嫌でしたね。

やはり、黄ばみがものすごく、コンプレックスだったのだと思います。1番見えて目立つる、前歯が黄ばんでいて、嫌でしたね。

 

ホームホワイトニングにしか頭になかった

歯科医院で行う、ホームホワイトニングしか考えていませんでした!

ホームホワイトニングですが、1番はデュアルホワイトニングが効果があります。

 

歯がきれいになると性格も変わる

歯に自信が持てるので、自然と笑顔も増えて、ストレスもたまらないです。

鏡を見るのが楽しくなり、明るい気持ちと人に会いたくなったり、積極的になります。

元々、歯の矯正をしていたので、矯正が終わったご褒美に、上下のホームホワイトニングをしました。

矯正を頑張っ足し、歯並びも綺麗になり、歯の色も綺麗になり、歯のコンプレックスが消えました!

実は、私は歯科衛生士なんですが、患者さんにも堂々と歯を見せれるようになり、綺麗な歯の見本だねと、周りから言われるようになりました。

笑顔が、増えて仕事もプライベートも自信が持てて全て、プラスになった気がします。

周りから歯を褒められるので、嬉しいですし綺麗な歯を更に大切にしたい気持ちになりました。

ホワイトニング前より、歯のケアをするようになりました。

 

白い歯を維持するために続けていること

ホワイトニング効果のある、歯磨き粉を使用してます。

ドラッグストアや海外製の物は、研磨剤が心配なので、歯科医院専用の歯磨き粉を使っています。

あとは、定期的に歯科医院で、クリーニングをしています。これは、かかせません。

コーヒーやお茶、ワインも好きですが、ステインはあまり付きません。

定期的なクリーニングと、歯磨き粉で白さはキープ出来ています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA